滝沢カレン、極度の人見知り…天井や床の凝視は「話しかけないで」の合図

滝沢カレンが、18日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。極度の人見知りであることを明かした。

 この日の“くくり”は過去2回オンエアされ、そのたびに反響を呼んできた「人見知り芸人」。だが雨上がり決死隊・蛍原徹はそうした“人見知り”のイメージが彼女にないと思ったのか「人見知りっていう次元なの?」と驚くと、彼女は逆に「なんで人見知りじゃないと思われてるのかが分からない」と語った。

 彼女が事前に書いたアンケート結果によれば、「同業者や最近の若者とは友達になれず、小・中・高の友達でやりくり」「初めましてのメイクさんが気合いで話して来られても、私の壁は厚いので、同じ線では話せません」など独特の表現で、自身の性格を打ち明けていた。

 また彼女は「天井から床の隅を見て(そこにある)何か(を)探してるから話しかけないでくれという雰囲気を出すほどの人見知り」とも告白。それでも話しかけられそうになると、お茶を飲んだり、携帯を見るなどしてそれをシャットダウンさせると明かしていた。

 隠し撮りで人見知りを検証するロケでは、部屋にADと2人きりになると無言。何か聞かれても一言返すだけと、本当に人見知りであることが実証されていた。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です